記録型Webサイコロ:解説

はじめに

これが何だかよく分からない人は、とりあえず【振る】ボタンを押してみて下さい。 それだけで8割方は理解できると思います。そして興味を持たれたならこの先も読んで下さい。さらに使い方の幅を広げることができることと思います。

予約サイコロの使われ方を見ると、 単に「振った結果を記録(公開)する」ことを目的として利用されている方が結構いるように思われました。
こういった運用の場合には「予約」フェーズは手間がかかるだけで全く無駄です。 無駄なことをするのも楽しければいいのですが、相当数繰り返して使用される場合があるようで、さすがにこれだとストレスになるのではないかと思えました。
そこで、単純に「記録機能付のサイコロ」を作ってみることにしました。また、複数回振った結果を確認しやすいようにグループ機能も付けてみました。 グループは固有のIDとパスワードを持ちます。つまり、「予約さいころ」における予約番号の役割を持たせることも可能であるということです。
今度は全てを1画面に収めたのでちょっとややこしく見えるかも知れません。分かりにくい場合はこのヘルプを参照して適当に触ってみてください。 例によってゴミデータは気にしませんのでお気軽にどうぞ。ただ、ゴミグループが増えすぎると使いつらくなるように思います。 グループを削除したりする機能はありませんのでそのような場合こちらで対処することになります。そこで、それが行いやすいように、試用で作成したグループは次の何れかの対応をしていただけると助かります。 ご協力をお願いします。まあ、そこまで使われることも無いと思いますけど。 (と思ってたのですが、結構な数のグループが作成されてきました。「テスト」とか「あああ」とかいったグループ名のものや、同名のグループが連続して作成されている場合には見つけた時点で削除するかもです。)

グループ選択

「グループ」は、『サイコロを振った結果を残す場所』と思ってください。サイコロを複数回振ってその結果を纏めて見たい場合などには新しいグループを作成してそのグループで振ります。 グループにはパスワードも設定できますので第三者が勝手にグループに入ってサイコロを振ることを防ぐことができます。
初期状態では「一般」グループになってます。特に別のグループを使う必要がなければそのまま「振る」に進んでください。
新規にグループを作りたい場合は「グループ作成」を参照してください。
既に作成済みのグループを使用したい場合は、使用したいグループを選択して「パスワード」を入力し【選択】ボタンを押します。

グループ作成

グループを作成したい場合には、「新規作成...」リンクをクリックします。グループ作成画面に変わりますので必要項目を入力してグループを作成してください。
「グループ作成」の入力項目
グループ名
グループに付ける名前です。必須入力です。同名のグループがあってもエラーにはなりません。グループ選択の画面のセレクトボックス内には通番(グループID)が付けられて表示されるのでそれで区別してください。
パスワード
グループに付けるパスワードです。今のところ必須入力です。
面数を固定する
グループで振るサイコロの面数を固定したい場合にはONにします。
「面数を固定する」をONにした場合に有効かつ必須になります。固定する面数を入力します。2~999の半角数値でなければなりません。
ビンゴモード
「面数を固定する」をONにした場合だけ有効です。ONにすると、グループ内で出現済みの面は現れなくなります。 その名の通りビンゴゲーム用ですが、「重複当選を許さない複数賞品の抽選会」とか「担当決め」をする時なんかにも使えるように思います。面数回振るとそれ以上は振れなくなります。
グループの作成に成功するとそのグループに入った状態になってます。

振る

必要事項を入力して【振る】ボタンを押すとサイコロを振ります。
「振る」の入力項目
表題
ここに入力してから振れば、履歴の表題の項目にその内容が表示されます。必要なければ省略できます。
面数
サイコロの面数を指定します。2~999の半角数値でなければなりません。グループ作成で「面数を固定する」を指定していた場合には変更できません。

コメント記入

サイコロを振るのに成功すると、「サイコロ表示」のフレームにコメント入力用のテキストエリアが表示されます。ここでコメントを記入して【コメントを書き込む】ボタンを押すと「履歴表示」のコメント欄に表示されるようになります。

履歴表示

「履歴表示」のフレームには現在のグループで振った結果が一覧表示されます。初期値では新しいものが上です。古いものを上にしたい時は「昇順」のチェックボックスをONにします。 25行を超えると頁切り替え用のリンクが表示されるようになります。
この一覧は、サイコロを振ったりコメントを書き込んだりしたら自動的に更新されます。ですが、他のPCやブラウザで振った内容までは追従できませんので必要に応じて【最新情報に更新】ボタンで手動更新してください。

結果のみの参照(重要)

グループのパスワードを知らない人に結果を見せたい場合には次のURLを公開します。
http://www.fpdock.net/webtools/d3_result.php?grpid=グループID
「グループID」とは、グループ選択のセレクトボックスのグループ名の前に付けられた数値です。頭に付いてる0は不要です。 例えば、「00099:例題グループ」を公開したければ、
http://www.fpdock.net/webtools/d3_result.php?grpid=99
となります。 このURLをスレやメールなどに書けば、それをクリックした人はグループにログインしなくても履歴表示部分のみを見ることが出来るわけです。
これは言い換えれば、パスワードを設定したグループであっても履歴表示部は誰でも見ることができるということです。
URLのパラメタには、grpidの他に次のものもあります。
page ページ番号。ただし0始まりなので1引いた値を指定する。-1を指定すると頁処理せずに全件を表示する。
dir 昇順で表示したい場合は1を指定する。
例えば、頁処理せずに全件を昇順表示したい場合には次のように指定します。
http://www.fpdock.net/webtools/d3_result.php?grpid=99&page=-1&dir=1
これは、結果データを集計したい場合などに使えると思います。 CTRL+Aで全選択してCTRL+Cでコピーし、テキストエディタなどにペーストして空白をタブに置換したものをEXCELなどに貼り付けるとか。

その他の留意事項

姉妹ツール