情報画面

設定画面で指定したユーザが回答担当者に指定されている未回答の障害票や相談についての情報を表示する画面です。

@ 新規の障害票や相談の発行状況やエラー情報を表示します。
A テスト項目運用システムへのリンクです。IEを起動してテスト項目運用システムのログイン画面を表示します。
未回答障害数 回答担当者となっている未回答の障害票の数です。
未回答相談数 回答担当者となっている未回答の相談の数です。
確認 表示された情報を確認したものとして画面を閉じます。
つまり、「新規障害票や相談がある」との情報が表示されていた場合にこのリンクを押下して画面を閉じると、その要因となった障害票や相談は新規発行されたものとは見なされなくなります。

「新規発行された障害票や相談」とは、最後に「確認」リンクを押したとき以降(正確には、「確認」リンク押下前の最後にWebサーバにアクセスして確認されたとき以降)に発行されたものを指します。
「確認」リンクを押せば、障害票や相談に回答していなくてもチェック対象にはならなくなるということです。「これはいやだが、とりあえずこの画面が邪魔なので閉じたい」という場合には、タスクトレイのアイコンをダブルクリックするか、右クリックで表示されるメニューの「閉じる」を使用します。

「確認」を押すと、情報の一部をレジストリに保存します。新規障害票や相談の有無はこのレジストリ情報との比較により行われます。レジストリ値は、Windowsのログインユーザ毎(つまり、HKEY_CURRENT_USER配下)に設定画面で指定したユーザIDのキーを作成しその下に作成されます。このため、次のような動作をします。

異なるテスト項目運用システムにチェック対象を変更したい場合には、レジストリを削除するしか今のところ手段はありません。この場合、
HKEY_CURRENT_USER\Software\FreePlanetsDock\TiMon
を削除してください。レジストリエディタ使用の際には十分ご注意下さい。