データファンクションファイル編集

□概要

アプリケーションとそのアプリケーションでアクセスするファイルとの関連付けを設定します。
データファンクションポイントを得るための作業ですが、計算法に「標準」を使用する場合には不要です。これは、「標準」の場合は「DET登録」で使用したファイルが自動的に登録されるためであり、またこの画面で選択されただけで「DET登録」で使用されていないファイルにはポイントが付きません。
計算法に「標準」以外を使用する場合には「DET登録」を行わない(又は行えるまでに工程が進んでいない)のが通常ですので、これに代わるファイルの指定手段として用意されたのがこの画面です。

□画面説明

ファイルグループ選択 ファイルのグループを選択します。
選択によりファイル選択に一覧される内容が変化します。
ファイル選択 一覧 指定のグループに属するファイルの一覧です。
使 アプリケーションで使用するファイルならONにします。
「使」をONにした場合で、アプリケーションがそのファイルに対して追加,更新,削除といった変更処理を行う場合にはONにします。
ONにすると、そのファイルはILFとして扱われます。
ファイル名 ファイルの名前です。
RET ファイル構成編集で設定したRET値です。計算法が「標準」以外の場合には関係ありませんので単なる参考値です。
【一括】 左にある2つのチェックボックスのチェック内容で、ファイル選択一覧の全ての「使」「書」のチェック状態を一括設定します。
【確定】 変更内容をコミットして閉じます。
【キャンセル】 変更内容を破棄して閉じます。

計算法が「標準」の場合には基本的には関係の無い画面です。ですが、「標準」の場合でも本画面を設定してあっても問題はありません。ですので、本画面を設定して「概算」や「試算」で運用したアプリケーションでも「DET登録」を行って計算法を「標準」に変えてもかまいません。
ただし、本画面が「標準」に影響する場合が一つあります。それは、『「DET登録」で「書」がONになったフィールドが1つも無いファイルであっても、この画面で「書」をONにすることで強制的にILFになる』ということです(メイン画面にはILFと下線付きで表記されます)。これに関しては将来的に仕様変更する可能性があります。