アプリケーション編集

□概要

アプリケーションの追加・変更・削除を行います。

□画面説明

名称 アプリケーションに付ける名前です。必須入力です。
削除の場合は入力不可になってます。
メモ 覚書です。
計算法初期値 このアプリケーションのFP値計算の初期値を選択します。以下の選択肢があります。
  手間 精度
試算 NESMAのFP試算法で計算します。
ファイルのみで計算します。要素処理は使用しません。
簡単 低い
概算 NESMAのFP概算法で計算します。
複雑度が固定(ファイル:低 / 要素処理:中)されます。
ほどほど そこそこ
手動 基本は概算法ですが、複雑度を個別に変更できます。手間や精度は複雑度をどうやって決めるかによります。 - -
標準 IFPUGが定義している本来の方法で計算します。 面倒 高い
デフォルトは「標準」としてますが、プロジェクト開始当初は「試算」で始めて→「概算」→「標準」と精度を高めていく使い方もよいと思います。
【追加】【変更】【削除】 モードによりキャプションが変わります。
該当する処理を実行します。
【キャンセル】 何もせずに画面を閉じます。

アプリケーションを削除すると、そのアプリケーションに含まれる情報(要素処理、DETなど)も全て削除されます。UNDO機能はありません。まあ、保存しなければ最後に保存した時の状態には戻りますけど。