調整係数

□概要

調整係数を求めるための14の項目に評価点を設定します。
調整係数は、システム全体(アプリケーションの集合)に対して1つ設定するのが一般的なようです。ですが、本システムの現版ではアプリケーション単位で設定するようになってます。これは、現版ではシステム単位の管理を行っていないこともありますが、より詳細な評価を可能とするためでもあります。

□画面説明

GSC システムの各特徴を評価するための項目です。
日本語訳 GSCの日本語訳です。
評価点 システムがGSCの内容へどの程度関わってるかを0〜5で評価します。
? 評価のガイダンスを表示します。このガイダンス画面で評価点を設定することもできます。
選択行の評価点に対応するガイダンス情報です。
他アプリケーション参照 別のアプリケーションに設定された調整係数の評価点を複写するための画面を表示します。
【確定】 変更内容を反映して閉じます。
【キャンセル】 変更内容を破棄して閉じます。

調整係数は次の計算式で導出されます。
調整係数 = (評価点の合計 * 0.01) + 0.65

本画面で1度も【OK】を押していないアプリケーションの調整係数は1.0として扱われます。

□ガイダンスについて

?や,防充┐気譴詆床租世離イダンスですが、現版ではダミーになっています。これは次の理由によります。 一応、JFPUGに使用許可のお願いメールをしたのですが返事を貰えませんでした。JFPUGに入会すれば引用はできるみたいなのですが…このソフトがある程度売れれば考えます。

このため、申し訳ありませんが、ガイダンスが必要な場合はユーザさんに登録していただかなければなりません。せめてもの対応として専用ツールを用意してますのでそれをご使用ください。estgdmnt.exeがそれです。estfpmgr.exeと同じ場所に置いて起動してください。簡単に操作方法を解説しておきます。
  1. 左の「GSC選択」から対象のGSCをクリックします。
  2. 右の「ガイダンス編集」の下の表から編集対象の項目のラジオボタンを選択します。
  3. 右上のTEXTBOXに入力し【更新】ボタンを押す。
  4. 以上を繰り返したのち、「ファイル」−「保存」で書き込む。
ここで編集した結果は、Masterフォルダ内のXMLファイルに反映されます。バックアップしたい場合や配布したい場合はこれをコピーしてください。

estgdmnt.exeは、評価ガイダンス画面のガイダンス編集でも起動します。ただし、本画面でガイダンスを編集して保存しても、起動中のファンクションポイントマネージャには即時反映されません。反映されるのは次回起動時以降です。