接続情報編集画面

DBとの接続に必用な情報を設定します。名前を付けて複数登録することができます。

名称 接続情報に付ける名前を自由に設定します。
DBMS DBとの接続に使用する接続文字列や方法(ODBC,OLEDB等)は、dbmsInfo.xmlに定義されています。ここではその定義に付けられた名称を選択します。
選択したDBMSによって、以降の入力フィールドのEnabledが制御されます。
ODBCデータソース ODBCデータソースを使用したODBC接続を行う場合にデータソースを選択します。
サーバ名 DBサーバのホスト名を指定します。
SQL Serverなどで規定のインスタンスでない場合にはインスタンス名も指定します。(例: DBServer\SQLEXPRESS)
Oracleの場合は、この部分のラベルがTNS接続文字列に変わります。この場合は接続文字列(TNSサービス名)とか「ホスト名/サービス名」を指定してください。
DB名 DB名を入力します。
ファイルパス ファイルベースのDB(Accessなど)の場合に、データベースファイルへのパスを設定します。
参照リンクを押すとファイル選択のダイアログが開きます。
ユーザ名 DBのユーザ名を入力します。
パスワード 必用なら、DBのログインパスワードを入力します。
【接続テスト】 入力フィールドの内容で接続を試み結果を通知します。
単に接続オブジェクトのOpen()を実行して例外がスローされるかどうかを確認しているだけです。使用するドライバによっては期待する結果にならない場合があります。例えば、SQLite3のODBCドライバではファイルパスを指定しなくてもエラーにならなかったりするようです。
【追加】 入力フィールドの内容で追加登録します。
【更新】 入力フィールドの内容で選択されている行の情報を更新します。
【削除】 選択中の行を削除します。
【▽】【△】 選択中の行を指定方向の行と入れ替えます。つまり並び替えです。
【編集破棄】 変更内容をキャンセルし、この画面を開いた直後の状態まで戻します。
【保存して閉じる】 設定内容をdbConnect.xmlに保存して画面を閉じます。
【キャンセル】 変更内容をキャンセルして画面を閉じます。

ここで設定した内容は、dbConnect.xmlに保存されます。パスワードについては暗号化されます。【接続テスト】で失敗した場合に接続文字列が表示されますが、この文字列内のパスワードは"****"に置換されます(文字数に関わらず*4個です)。

DBMSに、接続したいDBシステムや接続方法が登録されていない場合や、細かなオプション指定が必要な場合にはdbmsInfo.xmlを編集することで対応可能かもしれません。